副業でアフィリエイトをがんばるブログ。主に体験談。

ミクロビズ

量産と注力どっちがいいの?

Tips

アフィリエイトはサイト量産?大型ブログ?どちらがいい?メリット・デメリット比較

投稿日:

アフィリエイトをやるといったときに、その手法というのはいろいろなものがあります。一概にどれが正解とも言えないです。

そんな中で迷うポイントは、

  • 小規模なサイト(またはペラサイト)を量産するか?
  • 資産的な価値を求めて大規模なブログ、1つのサイトに注力すべきか?

ここらへんを迷うのではないでしょうか。

そして、おそらくですが多くの人は後者の『資産を作りたい』という気持ちから大規模なブログを作る人が多い気がします。

が、しかし、わたしは小規模サイトを量産する方針で進めます。今回はその理由についてです。

小規模なサイトの量産

わたしの中の定義では、小規模なサイトとは50ページから100ページ程度のサイト・ブログを指します。

この程度で『それ大規模じゃん!』というようであれば、ちょっとアフィリエイトやブログで稼ごうと考えるのは改めたほうが良いかもしれませんね。

小規模サイトのメリットは、

  • 比較的短時間でサイトを完成させることができる。
  • サイトをニッチに、特化することができる。
  • いわゆる『ハズレ』だったとしても、無駄に時間を使いすぎない。

デメリットとしては、

  • サイトのボリュームが小さくなりがち。
  • ライバルが現れると勝ち目が薄い。
  • キーワード、ライバル調査がしっかりできないと勝てない。

小規模なサイトを量産するほうが、しっかりとしたスキルが求められるというイメージです。

1つの大規模なブログ

パワーブログだのなんだの言われますが、わたしの中の定義では最低でも300ページ以上のブログが規模の大きいブログ、としています。

1つの大きなブログを持っていると、ライバルには簡単に追い抜かれないし、アクセスも集まりやすいので安定した収入になります。実はわたしも1つの大きなブログを所有しており、そこから収益が発生しています。

メリットとしては、

  • アクセスが大量に集まる。
  • 安定した収入が得られる。

デメリットとしては、

  • 『ハズレ』だった場合、莫大な時間を損失する。
  • キーワード、ライバル調査が置き去りになりがち。

ついやってしまいがちなのが、『下手な鉄砲数撃ちゃ当たる』で、とにかく記事を量産してしまうんですよね。

規模が大きいブログだと、リピーターも多いため、適当な記事を書いてもアクセスが集まります。だからこそ、スキルを上げにくいと感じたんです。

たとえば、1つの大規模なブログを作成した人が、もう一回同じ規模のブログ作って稼いでみてよ、といったところで、再現性はないのかもしれません。

どちらがいいのか?

初心者こそ、小規模サイトの量産をすべきであるとわたしは考えます。

やはり、いきなり当たるかどうかもわからないような大規模なブログに時間を突っ込むよりは、小規模なサイトを量産し、失敗と成功を繰り返していくほうがたくさん学べると思うからです。

いきなり大規模なブログを作って成功してどや顔する人もいれば、失敗してそのまま撤退する人もいます。また、成功したとしても直にアクセスが落ちて、もう一度作ろうとしても成功せずに撤退することも…。

とにかく重要なことは、

  • 多く稼ぐことではない。
  • アクセスをひたすら集めることでもない。
  • 少額でもいい、『再現性』をしっかり掴むこと!

この再現性という部分がとにかく重要である、とわたしは考えています。一応、収益は現在伏せていますが、ブログ・アフィリエイトの収益で月10万以上は稼いでいます。ですが、再現性がまだ掴めていませんので、わたしの収益はゼロの人とほとんど差はありません。

まとめ

  • 小規模サイト量産と大規模サイト注力なら、わたしは小規模サイト量産おすすめ。
  • 多く稼ぐとか資産を作るとか、それ以前に再現性を掴むことが大事。
  • 偶然稼げた、ではなく、稼げるのは必然、という状況にしたい。

というわけで、わたしは小規模サイト量産をがんばります。

キーワード選定でもライバル調査でも、そういったスキルを磨き上げたいです。再現性さえつかめれば、量産すればするほど資産となり積み上がっていく。

1つの大規模なブログが資産、というわけではないということです。

-Tips
-, , , ,

Copyright© ミクロビズ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.